高血圧を下げるには?おすすめサプリはこれ

高血圧対策は日々の生活習慣の改善から!

生活習慣をどのように直せば、高血圧を下げることができるのでしょうか。その具体的な方法について紹介していきます。

 

 

第一に、規則正しい生活を送ることです。朝は早く起き、朝食もしっかり食べるように心がけましょう。朝食を食べないことで不具合が生じます。基礎代謝が下がって肥満になりやすくなったり、体温や血糖値が上がらないため目覚めが悪く集中力を欠いたりする原因となります。特に肥満は高血圧上昇の元ですので、予防する意味でも朝食はしっかり摂るようにしたいところです。

 

また、食事の内容ついてですが、その中身にばかり目がいってしまい、方法はまるで気にしていない方が多いようです。三食ともに、腹八分目に抑えるようにしましょう。食べ過ぎると胃に負担がかかってしまいます。また、食べ過ぎると高血圧を招くこともあるため、食事の際にはよく噛んで、満腹中枢を刺激しましょう。そうすると少ない量でも「食べた」という感覚に繋がり、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

また、早食いをしても高血圧を招く恐れがあるようです。いずれにしても、食べ過ぎることによって肥満になってしまうと、それがまた高血圧上昇の引き金となってしまうため、注意しましょう。高血圧は生活習慣病の一種です。そのため、食事などの面で注意することが、何よりも予防になります。

 

実際に対策に取り組む際には目標を立てると良いでしょう。「毎日運動を30分する」、「一ヶ月でタバコの吸う量を半分にする」など。どの程度の期間で、どんなことをするのかを具体化するだけで、意外と達成できるようになるものです。自分が無理なくこなせる目標を掲げ、ひとつひとつ確実に達成していくことが大切です。

 

高血圧低下にミネラルがポイント!

 

栄養素の中には、高血圧を下げる効果を持つものがあります。その内のひとつがミネラルです。人の身体にとって、ミネラルは非常に大切な栄養素です。

 

 

ミネラルとはいわゆる無機質のことですが、細分化すると、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどがあります。他にもありますが、この三つが有名なのではないかと思います。

 

カルシウムとマグネシウムを同時に摂取できる食材としては、ひじきが挙げられます。また、カルシウムでは素干しわかめやコンブ、マグネシウムはゴマなどにも多く含まれています。

 

牛乳での摂取が可能という話は子供の頃から聞いた方も多いかとは思いますが、実際には、カルシウムは吸収率の悪さから、マグネシウムはそもそも含まれている量が少ないということから、摂取には向いていないようです。

 

また、マグネシウムが豊富に含まれている食材を知っている方はそんなに多くないのではないかと思います。一例を上げると、干しエビや煮干し、ししゃもやサクラエビなどの魚介類などがあります。

 

マグネシウムには動脈を弛緩させ高血圧を下げる働きがあります。しかし、いま挙げたように、好き嫌いが分かれる食材が多いです。そのため、場合によっては必要な量を摂取できていないこともあるため、自分がどの程度、摂取できているのかということは意識するようにしましょう。

 

食事から継続的に一定量の補給が難しい場合は高血圧専用のサプリを利用するのもアリですね。

 

高血圧を下げる成分を紹介しましたが、反対に上げてしまう成分が、いわゆるナトリウムで、塩に含まれています。その他のミネラルは基本的に高血圧を下げる働きを持っています。種類は多いですが、日頃から好き嫌いせずにバランスの良い食事が出来ている方はいずれもしっかり摂取できているはずなので心配はありません。

 

むしろ、摂りすぎていることの方が懸念すべき点です。特にナトリウムです。ナトリウムを摂取し過ぎると高血圧を招くことになるため、気を付けるようにしましょう。

 

普段は身体機能を支える重要な役割を担っているミネラルも、薬と同じようにその摂取量を誤れば反って体に害を成してしまうのです。また、調理の仕方によっては食材内の成分量を減らしてしまうことも考えられるため、その点には気を配るようにしましょう。

 

基礎体温にもホルモンバランスにも問題はないのに妊娠することができないのはどうして?

 

子宮力という言葉を初めて聞いたという人もいるかもしれません。この子宮力を向上させることによって、妊娠する力を高めることも可能だとされています。まだ、妊娠や出産についてあまり考えていないという人もいるかもしれません。ですが、今のうちから対策をしておけば、子供を授かりたいと思った時に妊娠しやすくすることができます。

 

年齢を重ねたり、生活習慣次第では、若くても子宮の状態が悪くなってしまい、不妊になってしまう可能性だって否定出来ないのです。ですので、普段から子宮力が向上しやすい生活習慣を取り入れるようにしていきましょう。

 

まず規則正しく就寝をするようにしてください。単に長時間寝ればいいというような単純なものではありません。普段あまり寝ていないから週末や休日前に寝溜めをしているという人もいるかもしれませんが、寝溜めをしたからといって睡眠不足を解消させることができるというわけではありません。それに、決まった時間に寝ることも大切ですが、毎日決まった時間に起きることも同じくらい重要なのです。

 

ふたつ目として、こまめにストレスを解消させるようにしましょう。ストレスが蓄積されていくと自律神経のバランスが悪くなり、血行不良になりやすくなります。これによって冷え性になってしまって子宮の機能も低下してしまいやすくなってしまいます。

 

3つめとしてタバコは吸わないようにしましょう。喫煙というのは、百害あって一利なしです。特にタバコと言うのは、ニコチンやタールによって血管が狭くなってしまい、血行不良になってしまいます。どちらにしても妊娠をしたらタバコを吸うことは以ての外なのですから、今のうちから禁煙をしておくことを強くおすすめします。

 

4つ目として、あまりお酒は飲まないようにした方がいいです。妊娠をしている時でも少しだけであればお酒を飲んでもいいとされていますが、子宮力を高めたいのであれば妊娠をする前からお酒は程々にしておいたほうが良いのです。

 

そして5つ目として、急激に体重を減らしたり増やしたりしてしまうということはしないでください。太りすぎてしまうとインスリン抵抗性が強くなってしまい、この作用によって排卵されづらくなってしまいます。反対に急激にダイエットをしても、今度は女性ホルモンの分泌量が一気に減ってしまい、生理不順などのような症状が出やすくなるのです。

 

こちらもお勧め男性不妊に効くサプリ徹底調査@人気はどれ?